ODK

ODKin甑島 お披露目

  • 2016.12.25
  • category:
    ODK

ODKお披露目


誠翔丸大漁旗

誠翔丸さんに贈った大漁旗。ODK2016in甑島でお披露目されました。

OSHIKAEデザインかごしま2016 in 甑島

odk2016

組み合わせ抽選会

昨年はさつま町での「温泉ポスター展」が実現したODK(OSHIKAKEデザインかごしま)。「求める声が無い場所にこそ、デザインの力を」をスローガンに、2013年にデザイナー有志によって活動がスタート。毎年県内一ヶ所に勝手にオシカケて、無償で地域のお店のポスターを制作してきました。永吉・鹿屋・さつま町に続いての活動4年目の舞台は初の離島となる「甑島」(薩摩川内市)。今回は島の漁師さんの「大漁旗」をつくってデザイン展を開催します。

11/8には僕も実際に甑島に赴いて、恒例となるデザイナーと漁師さんとの組み合わせ抽選会に参加。14組の運命的なマッチングが生まれ、僕はキビナゴ漁師の誠翔丸を担当させていただくことに。大漁旗のヒントとなればと、滞在中には漁にも同行させていただいて実際の仕事の様子を間近で見学。貴重な経験でしたが、不甲斐なくも船酔いでダウン。。。

キビナゴ漁

今年は徳之島からの参加となり、まぁ遠いんですけども、なかなか鹿児島の離島って行くチャンスがなかったので、良い機会となりました。3泊4日の甑島滞在とても楽しかったです。同じ鹿児島県内の離島同士とはいえ、まるで雰囲気も違うのが面白い。

大漁旗のお披露目は11月19日(土)。今回のODKは同日開催の「Koshiki Fishermans Fest」の目玉企画となっています。場所は甑島の中甑漁港にあるコシキテラス前の特設会場にて。ODK展示の他にも「浜焼き島ぐるり」「おさかなマルシェ」などいろんな企画がされています。詳しくはコチラ。まだ甑島に行ったことがない方も、きっかけとしてこの機会にぜひ足をお運びいただければと思います。

福田荘ポスター_ODK2016



OSHIKAKEデザインかごしま2016/さつま町温泉ポスター展ではくじ引きにより「福田荘」を担当させていただくことに。宮之城温泉にある老舗の温泉ホテルで、実際に入浴してみると男湯のみにかかる橋や窓の外に見える桜が印象的だったので、ポスターに盛り込むことにしました。取材のタイミングではご主人さんが体調を崩されていたりと、「福が来るように」と願いを込めて縁起のよいポスターになるように七福神を起用。

ポスターは「展示用」「贈呈用」の2枚を作って、1枚は各施設に寄贈するのですが、喜んでもらえたのか会期後もフロントに飾っていただいているようです。

OSHIKAKE デザインかごしま 2015

















 








ODKポスター展まで1ヶ月を切りました



ODKの準備に追われています。

今年は私の住むさつま町で開催とあって、事務局を担当しています。開催まであと1ヶ月を切り、概要も決定したり告知・広報も活発化してきました。せっかくのさつま町開催ですので、地元でのイベント感が高まっていければと思います。より楽しい内容に、より多くの人に見てもらえるポスター展になるよう、準備を進めていきます。初日5月23日(土)の13:00からは「お渡し式」も開催されます。ぜひお越し下さい。

OSHIKAKEデザインかごしま2015 in さつま町



このブログでは初めての告知となりますが、いよいよODKポスター展まで1ヶ月を切りました。
現在、準備を進めています。

会期と会場も決まりましたので、改めて案内いたします。

「求める声が無い場所にこそ、デザインの力を」をスローガンに、2013年にデザイナー有志によって結成された「OSHIKAKEデザインかごしま(ODK)」。毎年一ヶ所に勝手にオシカケて、無償で地域のお店のポスターを制作します。活動3年目となる今回はさつま町にオシカケます。
さつま町内にある24の温泉施設をテーマに、24組のデザイナーがそれぞれポスターを制作・展示を行います。

===============================
期間:2015年5月23日(土)〜30(土)
時間:11:00〜20:00
場所:鶴田保健センター
(鹿児島県薩摩郡さつま町神子228-1)
駐車場:あり
入場無料
==============================

●初日5月23日(土)にはオープニングイベントを予定
●温泉を巡るスタンプラリー実施

●参加デザイナー/温泉施設
小川景一(小川景一企画制作室)/紫尾区大衆浴場
野崎健一郎(ワープデザイン)/ちどり荘
冨永功太郎(冨永デザイン)/くすのき荘
楠木園健(日之出紙器)/しび荘
松下瑞樹(シティライツカンパニー)/旅館玉の湯
和田幸江(STUDIO K)/さがら温泉
スタジオペケペケ/湯田区営温泉
原田康平(tori design)/鶴屋
竹添 星児(SeijiTakezoe Illustration)/福田荘
篠原拓郎(冨永デザイン)/手塚ryokan
浜地克徳(zenzai design)/ちさと旅館
松田貴志(ヒーローズデザイン)/湯田荘
橋本泰久(アメタ食堂)/お宿ぽんぽこ
河野セイイチ(zo creations)/藤田館
今村義昭(アトリエ村)/平川温泉
大寺聡(ohtematic)/あびーる館
馬頭亮太(ondo design)/薩摩薬師温泉
柿本しんご(eldesign plus)/観音滝温泉
川畑徹(川畑デザイン事務所)/白男川紫陽館
東郷明佳(way to go design)/やち湯
白澤克実(星屑カンパニー)/平和温泉センター
大迫祥一郎(code)/ちくりん温泉
田之上亨(Bebop)/かしはら温泉
久保雄太(サクラ島大学)/家族温泉健康村

ぶらり、さつま町案内



先輩クリエイターをお迎えして、さつま町を案内しました。

自分自身、常に新鮮な視点は持ち続けていたいと思うけれど、やはり日常的に利用するお店や通る風景というのは慣れてしまっているもの。今回案内するのはここらが「ほぼ初めて」という方々、しかもデザイナーである。赴く先々で、みなさんの注目するポイントは非常に面白く、改めてこの地域の魅力が再発見できたような気がしました。興味をひくポイントは、チェーン展開されているようなお店ではもちろんなく、昔からあるような個人商店や歴史ある街並み、雄大な自然など。「便利さ」では図れないようなそんなスポットに光があたることで、地域の価値が捉え直されるのかもしれないと思いながら歩いたところ。

日本一とも称されるホタルの乱舞を厳かに体験できるホタル舟や、気軽にアウトドア気分を味わえる北薩広域公園のキャンプ場なども案内させていただき、非常に満足してもらったよう。自分が住む町を案内するのは、自分ちの部屋を見せるようで恥ずかしい気持ちがあるけれど、自分が気に入ってるポイントに共感してもらえるのは何より嬉しい。写真は紫尾温泉郷。お気に入りの風情ある温泉地である。

ODKin鹿屋が始まりました

「ODK(OSHIKAKEデザインかごしま)inKANOYA」の展示が昨日5/5からスタートしました。

「デザインが求められていない場所」にクリエイターがオシカケちゃう本企画。日置市吹上町永吉で行われた第一回目から規模も大きくなり、大隅半島の鹿屋市を舞台に行われた第二回目。ODKの趣旨として、店舗のポスターを作るとしつつも「制作費は頂かない」「店舗への事前プレゼン無し」での制作だったので、店舗の方々も他の参加デザイナーもこの日初めて作品を見る事ができたのでした。

初日15時からはオープニングレセプションが開催され、参加デザイナーそれぞれの解説トークや担当店舗のコメントなどを聞く事ができました。県内で第一線の商業デザインに関わるデザイナー・フォトグラファー・イラストレーターを中心に28枚のポスターが展示されています。1枚は展示会場(5/5〜5/17はリナシティ鹿屋。5/19〜6/1は鹿屋バラ園)に、1枚はそれぞれの店舗に掲示されます。気になったポスターのお店へはぜひ訪れてみていただければ嬉しいです。

ODK in KANOYA



「ODK「OSHIKAKEデザインかごしま)」のプロジェクト第二弾が鹿屋を舞台に実施され、僕も参加いたします。鹿屋市内の28店舗のポスターを、県内のデザイナー28名がそれぞれ担当し、ポスター展をおこなうものです。

担当店舗はあみだくじにて決定し、僕の担当は「おはぎの千」。自宅のガレージを改装し、かわいい手作りおはぎを作っている地元の人気店です。今回の28店舗は鹿屋の方にとって既に知名度のある名店ばかりのようですが、ポスター展を通じて地域外の方々にも知ってもらう良き機会になれば幸いです。ぜひ鹿屋にてポスターを見ていただき、お店へも足を運んでいただきたいです。

以下概要です。
=========================================
<ODK(OSHIKAKEデザインかごしま)in KANOYA>
=========================================

デザイナー有志が頼まれもしないのに、問題が存在すると思われる所に行って、問題解決のためのデザインワークを行う。それが「OSHIKAKEデザインかごしま」略してODKです。

今回、私たちは、それぞれのペースで、デザイナー各人に割り振られた鹿屋市の店舗を取材。それそれ1枚のポスターを制作します。今回、28名のデザイナーが参加、28種のポスターを制作、掲示します。

デザイナーに依頼するという力がなかったり、そもそもそうした発想がない所にあえて、OSHIKAKEるところに、われわれの目的があります。老い、疲れ、あきらめた人や場所にも、人が生き活かされるべき生活の舞台がある。人が生きた人生のプライドがある。そうした方々の声を聞き、目に見える形で表現することに、まったく意味が無いとはいえない。

また、デザインする側にとっては、純粋にデザインする喜び、楽しさを再確認できる絶好の場であり、デザインという職種の有用性を確かめる事のできる機会でもあります。 

●ポスター展示
リナシティかのや 5月5日(月)〜17日(土)
かのやばら園 5月19日(月)〜6月1日(日)
※いずれも入場無料
※5月5日(月)午後3時〜「リナシティかのや」にて
ポスター授与式およびオープニングパーティーを開催します。
どなたでもご参加いただけます。
どうぞお越し下さい。

●参加デザイナー/店舗 
馬頭亮太(ONDO DESIGN)/フロッグサイクル
大迫祥一郎(code)/チャイナワン
大寺聡(ohtematic)/杏
浜地克徳(zenzaidesign)/しずか
児玉龍郎(TDW)/ヴァレッタ
橋本泰久(アメタ食堂)/かのや養蜂園
竹添星児(SeijiTakezoe Illustration)/おはぎの千
冨永功太郎(冨永デザイン)/地鶏のひらはら
清水隆司(Judd.)/小鹿酒造
白澤克実(星屑カンパニー)/ジュンタラ楽音製作所
満尾嘉昭(Design Office MYKONOS)/つちや
山口晃(AKIRA)/井之上電器
川畑徹(川畑デザイン事務所)/松山自動車
山下俊文(工作クラブ)/リストランテウチダ
山口陽一郎(サン工房)/ふくどめ小牧場
田中達也(有限会社クラウド)/黒じょか
小川勝己(電通九州鹿児島支社)/小動物園
河野セイイチ(zo creations)/土曜朝市
久保雄太(サクラ島大学)/カトレア
小川景一(小川景一企画制作室)/ゴーケンズバー
徳留好恵(Warm Thanks Design)/陣力
和田幸江(Studio K.)/ヒロボー
堂元健太郎(渕上印刷)/亜ん寿
篠原拓郎(冨永デザイン)/たこやき本町
柿本しんご(eldesign plus)/MIGHTY WORKS.
當房隆(TDO)/小松食堂
今村義昭/焚き火ライブ 
谷山亮(オリエンタルスタジオ)/ホテルこばやし

OSHIKAKEデザインかごしま/蓑笠市



「OSHIKAKEデザインかごしま」という取り組みに参加することとなりました。
「OSHIKAKE デザインかごしま」とは。。。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「求める声が無い場所にこそデザインの力を。」

デザイナー有志が頼まれもしないのに、問題が存在するところに赴き、デザインの力でどうにか問題解決のための努力をしよう!という集まり、それが「OSHIKAKEデザインかごしま」略してODK。依頼も無く、しかもデザイン料が発生しない場所にOSHIKAKEるところに、われわれの目的がある。老い、疲れ、あきらめた人や場所にも、人が生き活かされる生活の舞台がある。人が生きた人生のプライドがある。そうした方々の声を聞き、目に見える形で表現することに、まったく意味が無いとはいえない。ODKは実験を重ねて活動領域を広げていく予定です。

【参加メンバー】
馬頭亮太(オンドデザイン)/白澤克実(星屑カンパニー)/大寺聡(ohtematic
清水隆司(Judd. design office)/冨永巧太郎(冨永デザイン)
満尾嘉昭(Design Office MYKONOS)/竹添 星児(Seiji Takezoe Illustration)
浜地克徳(zenzai design)/片平剛吉(オーガニックデザイン
児玉龍郎(たつろうデザインワールド)/大迫祥一郎(Code)/橋本泰久(アメタ食堂

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いわゆる「地方の商店街」を舞台として、各人に割り振られた店舗を取材し、ポスターを1枚制作します。鹿児島を拠点とするクリエイターの先輩方と一緒に展示させていただきます。(緊張・・・)
蓑笠市というのは「動く永吉」主催のイベントで、もともとこの地域で開催されていた伝統行事のようです。出店やフリマやワークショップなども楽しめます。平日の昼間に開催ではありますが、ご都合付く方にはぜひ遊びにきてください。


 「蓑笠市」
日時:4月17日(水) 10:00〜15:00
 場所:日置市吹上町永吉商店街一帯



僕が今回担当させていただいたのはこちらの久古屋(ひさごや)というお菓子屋さん。創業明治27年の伝統ある和菓子屋さんで、製造も本店近く(永吉)で行っています。定番のかるかんに加え、ご当地の食材(しいたけ、お茶、ゆず、紫芋、ブルーベリーなど)を用いた和菓子を意欲的に商品化されています。

蓑笠市では、地元産の「ある食材」を材料とした新商品を発表・発売!構想から10年、試行錯誤を経てついに完成したという御菓子です。単品での販売とセット(5個入り)も数量限定販売する予定となっています。ぜひご賞味くださいませ。

category
archives