kagoshima illustrators file 2014



2010年から毎年1冊のペースで発行を続けているkagoshima illustrators fileの2014年版が完成しました。鹿児島を拠点に活動するイラストレーターの作品や仕事実例などを紹介するもので、掲載人数は12名と、これまでの最大となり28Pのボリュームになっています。2010年から数えて、節目の5冊目となりました。

大手出版社が販売している本家のイラストレーターズファイルの「地域版」のようなイメージで始めた本企画ですが、年々少しづつ認知度も高まっていたり、実際の仕事にも結びついていると聞きます。イラストレーターの情報発信としてはwebsiteや個展・グループ展など色々ありますが、このファイルもそういう接点の1つであり、地元のイラストレーターをまとめて知ることの出来る点ではグループ展に近いのかもしれません。

仕事でイラストを用いる場合は「どのイラストレーターに発注する」という点も重要になってくるかと思います。作風や得意分野が異なる12つの選択肢をご提示させていただくことが、イラストレーションを用いたデザインの促進に繋がれば幸いです。

また、絵を発注する立場の方でなくても、身近なイラストレーターの作品を画集のようにコレクションして楽しんでもらえればと思います。バックナンバーをお持ちの方は、時代毎の作風の変化なども見て取れるので、より楽しめるのではないでしょうか。

より多くの方の目に触れることを期待して、今回もフリーペーパー(無料)として配布します。県外にもどんどん発信していきたい。下記のイベントなどで配布したり、設置をを願いする予定でおりますので、ぜひみなさん受け取ってくださいませ!

【掲載イラストレーター(敬称略)】
篠崎理一郎今別府千草中原みお浜地克徳
前田陽子あごぱん村山あゆみ有馬憲吾/さかぐちみどり
studio pekepeke/川越直樹/竹添 星児

企画・編集・発行:竹添 星児
表紙イラスト:篠崎理一郎

【配布について】
僕の参加する2つのイベントにて配布を開始します。
●2/21〜23 デザイン百覧会(県民交流センター)
●3/8〜9 デザインマーケット(バライロフェスティバルかのや)

====================================================
 【設置について】
県内・県外問わず設置させていただける場所を求めています。
また、イラストを利用する立場の出版社・広告代理店・デザイン事務所・企業様へ対しては、こちらからお問い合わせいただければ無料送付させていただきますので、お気軽にご連絡ください。
 ====================================================


リアクション:この記事へのTweet

category
archives